メタバース追い風、35億人市場のデジタルファッションにバイトダンス参入

TikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)が、TikTok中国版「抖音(Douyin)」を通じて密かにデジタルファッション業界に参入する。新ブランド「沸寂(pheagee)」を打ち出し、全額出資子会社「沸寂科技(FEIJIKEJI)」が業務を担当するという。同社の代表はバイトダンスのVR事業「PICO」の責任者である任利峰氏が務める。36Kr傘下メディア「Tech星球」が報じた。

沸寂は全く新しいデジタルファッションのコミュニティで、テクノロジーとヒトを取り込み、ファッション業界の新たな市場を作り出すものだ。関係者によると、沸寂はバーチャルファッションやバーチャルヒューマンを手がけ、抖音傘下のEC事業「抖音電商(Douyin Dianshang)」やPICOと連携して継続的にデジタルファッションを生み出すプラットフォームになるという。

メタバース追い風、35億人市場のデジタルファッションにバイト...の画像はこちら >>

Tech星球がバイトダンスに確認したところ、沸寂はファッションデザイナーがオンラインで創作活動をするためのプラットフォームであり、現在は手探りの段階にあるとの回答だった。

マーケットを取り巻く状況からは、デジタルファッションは今後大きく発展することが見込まれ、バイトダンスの参入は単なる思い付きではない。

世界展開するファッションECプラットフォーム「Lyst」と、デジタルファッションの専門家集団「The Fabricant」が2021年3月に共同で公表した「The Digital Fashion Report」によると、世界のデジタルファッション利用者は約35億人、購買力を持つ人全体の55%を占めるという。中国市場はいずれ1000億元(約2兆円)に拡大するとの分析もあり、このような新興市場をバイトダンスが見逃すはずはない。