世界モバイルゲーム売上高:miHoYo「崩壊:スターレイル」5位、「原神」9位ーAppmagic調べ24年4月

米調査会社Appmagicがこのほど、2024年4月の世界モバイルゲーム売上高ランキングを発表した。

1位は中国テンセントの「王者栄耀(Honor of Kings)」で売上高1億2220万ドル(約190億円)。

中国国内の売上高が依然98%を占めたが、中東や北アフリカ中央アジア、南アジアなどへの展開も進めている。同じくテンセントの「PUBG MOBILE」(中国版「和平精英」を含む)は売上高1億340万ドル(約160億円)で、3月から順位を1つ上げて2位に浮上した。

米スコープリーの「MONOPOLY GO!」は売上高1億240万ドル、前月から順位を1つと落として3位となった。

世界モバイルゲーム売上高:miHoYo「崩壊:スターレイル」...の画像はこちら >>

4位と5位は前月と変わらず。4位はトルコのドリームゲームズが手がける「ロイヤルマッチ」で、売上高は7870万ドル(約120億円)。5位は中国miHoYoの「崩壊:スターレイル」で売上高7450万ドル。

miHoYoのもう一つのヒット作「原神(Genshin)」は売上高6540万ドル(約100億円)で9位にランクインした。

23年の世界モバイルゲーム売上高、トップ100に中国企業29社。『原神』のmiHoYo、テンセントを抑えて初の1位に

*1ドル=約156円で計算しています。

(36Kr Japan編集部)