市場調査会社Counterpoint Researchがこのほど発表した電気自動車(EV)市場に関するリポートによると、2024年1~3月期の世界のEV販売台数は前年同期比で18%増加した。うち、バッテリーEV(BEV)は7%増、プラグインハイブリッドEV(PHEV)が46%増となった。

中国が引き続き世界のEV市場をリードし、米国と欧州がこれに続いた。中国のBEV販売台数は前年同期比で28%増となったが、米国はわずか2%増にとどまった。

中国メーカーの猛追受けるテスラ、リストラに続き全車種値下げ 

米テスラや中国・比亜迪(BYD)などのEV世界大手はすでに、製造コストを削減して価格競争力を高めることに成功し、従来型の自動車メーカーにプレッシャーを与えている。

24年1~3月期のBEV販売台数は、テスラが前年同期比で9%減少したにもかかわらず、市場シェアを19%とし、業界トップに返り咲いた。BYDは13%増加したもののシェア15%で2位に順位を落とした。独フォルクスワーゲンは4%減、シェア6%で3位だった。

BYDはPHEVの販売も好調で、BEVとPHEVを合わせた輸出台数が約10万台となった。とくに東南アジアへの輸出台数は前年同期比152%増と大幅な伸びを示した。

しくじり中国EVが失敗した理由。成功から一転した「哪吒汽車(Neta)」から学ぶ、日本企業には耳の痛い話も

(36Kr Japan編集部)