沖せいらは4週ぶりの予選通過、パットの悩みを解消してくれた絶好調プロとは?

沖せいらは4週ぶりの予選通過、パットの悩みを解消してくれた絶好調プロとは?
<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇11日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,655ヤード・パー72)>
4週前の「サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント」で2位タイに入った沖せいら。その後の3試合では予選落ちが2回、棄権が1回と苦しんでいたものの、今大会2日目は5バーディ、ノーボギー「67」で回り、トータル6アンダー・7位タイに浮上した。

ここ3試合の不調について、沖は次のように説明する。「とにかくパットの調子が悪かったですね。ロングパットが寄らないので3パットが止まらないんですよ。予選落ちが続いたことで、今度は“入れなければいけない気持ち”が強くなり、ストロークのリズムが速くなっていたんです」。
その結果、インパクトでパンチが入る打ち方になり、どうしてもカップを大きくオーバーすることが多かった。そんな状態で臨んだ今大会、沖に手を差し伸べてくれたのは、同じ92年生まれであり、前週の「北海道meijiカップ」で優勝していた福田真未だった。
プロアマ戦があった日、「最近、パットに悩んでいるんだよね」と声をかけると、「ロングパットを寄せにいくんだったら、ショートしてもいいと軽い気持ちでいったら?」という答えが返ってきた。確かに、入れにいくわけではないからショートしても問題ない。いつの間にか寄せるよりも入れにいく気持ちが強くなっていたのだろう。福田の言葉どおりに打ってみると、パンチが入らなくなり、オーバーすることがなくなったという。「ジャストインで入ったホールもいくつかありました」と沖。2日間で3パットは一度もなかったという。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年8月11日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら