“ゴルフ”と“音楽” 相反する2つを共存させたトーナメントの目指す先【記者の目】

“ゴルフ”と“音楽” 相反する2つを共存させたトーナメントの目指す先【記者の目】
<RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇26日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>
芥屋ゴルフ倶楽部はこの4日間まるでパーティ会場のようだった。コースの一番端まで聞こえるほどの音楽が終始鳴り響き、選手は思い思いの選曲でスタートホールに登場する。8番ホールはDJフェスエリアとしてDJがホールインワンをあおる。3日目にはご当地アイドルのHKT48がスペシャルステージを行い、選手たちはアプローチコンテストで大会を盛り上げた。
【関連写真】HKT48のスペシャルステージに選手も熱狂!
特に各ホールに響き渡る音楽は強烈で、マイケル・ジャクソンやコールドプレイ、マイリー・サイラスといった洋楽をメインに、安室奈美恵や星野源、DA PUMPといった邦楽のアーティストも流れている。風向きにもよるが、コースの端である4番でもどこかしらの音楽が聴こえてくることもあった。
その様相はいわゆる“普通”のゴルフトーナメントとは異なるものだ。多数のアーティストやお笑い芸人が登場、モデルオーディションまで行われる女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」でも、さすがに選手のプレー中に音楽をかけることはない。
人がプレーしているときは静かにする。ゴルフを最初に覚えるときに教わるルールで、まさにゴルフの“基本のき”だ。集中している中で音楽がかかっているという状況は幼少の頃からクラブを握ってきた選手たちもあまり経験していない状況だろう。だが、選手たちからは好評の声が聞かれた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年8月27日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。