隠れたマネジメント能力が強み、勝つべくして勝ったアン・ソンジュの取った行動に納得【辻にぃ見聞】

隠れたマネジメント能力が強み、勝つべくして勝ったアン・ソンジュの取った行動に納得【辻にぃ見聞】
国内屈指の難コースとして知られる小樽カントリー倶楽部で開催された「ニトリレディス」を制したのは、今季絶好調のアン・ソンジュ(韓国)。今季4勝目で通算27勝目。その圧倒的な強さの源にあるのは確かな技術力に裏打ちされた“ある力”だ。上田桃子らを指導する辻村明志コーチに詳しく聞いてみた。
【写真】ニトリレディス直後の日本女子オープン最終予選会から貴重なフォト集
■3日目の時点で優勝を予感させたソンジュのガマン強さ
大会4日間すべてでオーバーパーを打つことなく勝利を飾ったソンジュ。オーバーパーのラウンドゼロはソンジュただ1人。抜群の安定感が今季4勝目をもたらした。「雨のせいでグリーンが軟らかく、ボールが止まりやすいというのもありましたし、例年よりもラフが深くなかったというのを差し引いても、そこは小樽。海風の影響をもろに受けた決勝ラウンドは難しくなりました」と話す辻村氏。特に3日目は決勝ラウンドに進出した63人の平均スコアが「75.5873」。アンダーパーはわずか5人でベストスコアが2アンダー。ソンジュは1アンダーで回った。「ソンジュさん優勝の大きなポイントは3日目です。みんなスコアを落とすのが分かっていたのでしょう。その中でガマンできるのが強みです。15番でボギー、16番でダブルボギーをたたいても、17番をバーディとしました。そういうところがほかの選手と違うところですね。勝ちにいっているなと感じさせたラウンドでした」と辻村氏はいう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年8月29日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「テレサ・ルー」のニュース

次に読みたい関連記事「テレサ・ルー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。