約2ケ月ぶりの復帰 鈴木愛は20位発進にも上機嫌「今の実力なら最高」

約2ケ月ぶりの復帰 鈴木愛は20位発進にも上機嫌「今の実力なら最高」
日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 初日◇6日◇小杉カントリークラブ(6,605ヤード・パー72)>
“さすが女王”といったところか。「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の初日、右手首痛のため7月の「サマンサタバサレディース」以降、約2ケ月間トーナメントから離れていた鈴木愛が2アンダー・20位タイ発進。「もう少し伸ばせたところもありましたが、いい初日だったと思う」と白い歯をこぼした。
【写真】大熱戦の初日を特選フォトでプレーバック
久々となるラウンドに序盤は思うようにできず。「ドライバー以外ひどくて。ウェッジで打ってもダフっていた。すごくレベルが低いなって」と苦笑いするしかなかったが、「アプローチが良かったので何とか我慢して、後半にいい流れを作れました」と前半17番を迎えるころには、徐々に自分のペースを作り始めていた。
その後も「18ホールってこんなに長かったかなと思うくらいで、ハーフで足の裏が痛くなりすごく長く感じた」と低下していた体力を気力で補い、「今の実力からしたら最高にいいスコア」と自己評価の厳しい鈴木にしては珍しく高評価をつけた。
3打差の首位は十分射程圏内だが、「ショットがまだ良くないので、修正して明日以降はチャンスにつけていきたい。そうすればもう少し伸ばせると思う。しっかりとグリーンを捉えていきたい」。約2ケ月のブランクを埋めるべく、まずは第2ラウンドでさらなる浮上を狙う。(文・秋田義和)


【関連ニュース】
■日本女子プロゴルフ選手権大会 初日の結果
■鈴木愛 2018シーズン成績一覧
■「これを6年間やったボミはすごい!」 好発進の原江里菜が語る清水重憲キャディの“効果”
■「申し訳ない感情になってしまった」イ・ボミが清水重憲キャディとコンビ解消
■国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」4回戦の結果

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年9月6日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら