タイガー・ウッズが圧巻のゴルフ エースパターに戻して首位発進

タイガー・ウッズが圧巻のゴルフ エースパターに戻して首位発進
<BMW選手権 初日◇6日◇アロニミンクGC(7190ヤード・パー70)>
手になじんだ武器に加え、熱波が虎の快進撃を後押しした。米国男子ツアープレーオフシリーズ第3戦の「BMW選手権」初日。タイガー・ウッズ(米国)が1イーグル・7バーディ・1ボギーの「62」をマーク。8アンダーのロケットスタートで、首位発進を決めた。
【スイング写真】タイガーのニュースイングは飛距離も出て曲がらない?
スタートからエンジン全開だった。10番からスタートしたウッズは出だし4ホールで3バーディを奪うと、16番のパー5では残り230ヤードのセカンドを3番アイアンで2メートルにつけイーグル。18番でもバーディを決め「29」をたたき出して折り返し。後半も3バーディ・1ボギーにまとめ、ローリー・マキロイ(北アイルランド)とともに、リーダーボードのてっぺんを捉えた。
今季の初日としては最高のスタート。「今日はパットが入ってくれた。どの試合よりもいいスタートができた」と、笑顔で1日を振り返った。そんなスタートに貢献したのが“新しく”バッグに入れた“旧”パターだった。夏以降はマレット型のパターを試すなど、パッティングに苦戦していたが、慣れ親しんだエースパターがやはり、ウッズの手にはなじんでいるようだ。
「ずっと、いい感触にはならなかったんだけど、自宅の裏庭では打っていたんだ。今日はとても良かったね。このパターならどう打てばどうなるかよく分かっているから」と、1度は浮気したパター選びもようやく元サヤに戻った。「何百万回も打っているパターだから」と、パーオンホールでの平均パット数は全体4位の数字だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年9月7日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュース

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら