日本代表は21位後退 金谷拓実が5アンダー奮闘【世界アマゴルフチーム選手権】

日本代表は21位後退 金谷拓実が5アンダー奮闘【世界アマゴルフチーム選手権】
<第31回アイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権 2日目◇6日◇カートンハウス・モンゴメリーコース&オメーラコース>
世界の強豪アマチュアが集う「アイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権」2日目の競技が終了。7アンダー・5位タイからスタートした日本代表はスコアを2つ伸ばすにとどまり、トータル9アンダー・21位タイに後退している。
【LIVEフォト】男子マッチプレーの模様をリアルタイム配信中
初日に左手首を痛めて途中棄権した中島啓太(代々木高校3年)は、この日もスタート前に棄権を余儀なくされ、日本代表は昨日に続き中島を欠いた2人での戦いとなった。そんななか、金谷拓実(東北福祉大学2年)が初日に続いて奮闘。6バーディ・1ボギーの「68」で回り、首位と3打差のトータル11アンダー・4位タイと個人戦で上位につけた。
一方で、今野大喜(日本大学4年)は2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと振るわず。この日3つスコアを落とし、個人戦でトータル2オーバー・97位タイに沈んだ。
この日13アンダーの猛チャージを見せたニュージーランド代表がトータル20アンダーで団体戦トップ。1打差の2位タイにホスト国のアイルランド、デンマーク、タイが続いた。前回覇者のオーストラリアはトータル11アンダー・14位タイ。
競技は18ホールストロークプレーで行われ、4日間72ホールで争われる。各日とも男子3名中2名のベストスコアをその日のチームスコアとし、合計スコアで勝負を競う。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年9月7日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら