「人生で初めて」の5パット 鈴木愛に訪れた試練の8番ホール

「人生で初めて」の5パット  鈴木愛に訪れた試練の8番ホール
<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇8日◇小杉カントリークラブ(6,605ヤード・パー72)
約2カ月ぶりの復帰戦ながらトータル3アンダー・14位タイで予選を通過した鈴木愛。しかし、3日目には「人生で初めて」というプレーで、一気にスコアを落とし、トータルイーブンパーの31位タイへと後退した。
【写真】雨中の戦いを特選フォトで振り返る
ホールアウト後。「何も言う事はない…」と口を重くした鈴木。その理由はトリプルボギーを記録した8番のグリーンにあった。
雨が降ったり止んだりという不安定な天候のなか、2バーディ・2ボギーとスコアを維持したまま迎えた8番パー5。「いいショットだった」という3打目はグリーンを捉えるも、二段グリーンの傾斜に跳ね返され、ピンから約30mの位置で止まった。この距離に加え、さらに下段にボールが置かれるという状況に、鈴木は「距離感が分からない」というままパターを握った。
「かなりしっかり打った」というファーストパットは、段を上りきることなく戻ってしまう結果に。これでさらに距離感覚を失ったのか、次はピンを超えグリーン奥のカラーまで転がしてしまう。そこからカップインまで、さらに3パット。「人生で初めて(1ホールで)5回もパットを打ちました」と意気消沈するホールとなってしまった。
それでもこの日のトータルパット「28」であがったのはさすがパット女王といったところだが、この“5パット”(※)という記録に、「その後、切り替えることができなかった」とポッキリ心を折られてしまった。「8番以外はそんなに悪くなかったので…久しぶりに腹が立ちました」とその後、立て直すこともできず。「後半バーディを獲って行こう」という決意もむなしく、そこからは1バーディ・1ボギーと後味の悪いままのホールアウトとなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年9月8日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら