石川遼&片岡大育の復帰戦 フェアウェイキープ命のコースにどう挑む?【初日展望】

石川遼&片岡大育の復帰戦 フェアウェイキープ命のコースにどう挑む?【初日展望】
<アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇20日◇武蔵カントリークラブ 笹井コース(7060ヤード・パー71)>
日亜共催大会「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」が20日(木)に開幕。昨年大会では片岡大育が逆転優勝を果たし、日亜両ツアーの2年間シードを獲得。海外ツアーへの活路を開いた。今年は欧州ツアーやアジアンツアーを回り、8月末からは米国下部ツアーの入れ替え戦にも参戦。その片岡が4試合ぶりに国内ツアーに登場するとあって、動向に大きな注目が集まる。

会場の武蔵CC笹井コースは、ラフが深くて密集しており、ラフに入ってしまえば出すだけでも一苦労。よりフェアウェイキープが鍵となる。昨年のフェアウェイキープ率4位(63.03%)、今年は12位タイ(63.35%)とティショットの精度が抜群の片岡だが、「今週のコースはティショットがコントロールできないとまったくチャンスにつけられない。向いているコースだと思います」とますます活躍が期待できそうだ。
もう一人本大会で復帰するのが、片岡と同組の石川遼だ。8月の「フジサンケイクラシック」を体調不良で欠場し、病み上がりでの参戦となる。石川の今季のフェアウェイキープ率は41.64%。自身としては、フェウェイキープは50%を目標に、その中で80、90%の確立でバーディを獲っていくことを目指す。本大会には過去6度参戦し、最高順位は30位タイとなっているが、今年は大会自己ベスト更新を果たせるか。

■「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」リーダーボード
■「クラブの適合検査を“全選手”実施する」 R&AとJGAが男子ツアーで貼り紙を出した意図【記者の目】
■やっぱり米ツアーはレベルが違う… 片岡大育が痛感した世界との差
■米ツアー日本開催が実現か 石川遼も「わくわく感が大きい」
■男子では前代未聞!?練習場でまさかのドライバー禁止 選手たちも困惑…

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石川遼 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年9月20日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら