これまでとはひと味違う!本大会で見せた“新生・池田勇太”とは?【ツアーの深層】

これまでとはひと味違う!本大会で見せた“新生・池田勇太”とは?【ツアーの深層】
日亜共同主管大会の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」最終日は、ほぼ池田勇太の独走状態となった。アジアンツアーのチャン・イクン(韓国)が1打差で池田を追いかけたが、最終日にスコアを崩して自滅。着実にバーディを重ねた池田が、2位に6打差をつけての圧勝を飾った。本大会でツアー通算20勝目を挙げた池田だが、これまでと違った一面が見られたと、JGTOのコースセッティング・アドバイザーを務める田島創志は語る。
【写真】キャディと終始ニコニコの池田勇太
■新しい表情を見せた池田勇太 その心を動かしたのは?
初優勝を挙げた2009年からの10年近くで、20勝を挙げた池田。16年には賞金王にも輝き、その実力はいまさら言うまでもない。さらに、「あれだけ(後続との)ストローク差がありながら気持ちを保ち続けこと、さらに平然とプレーしているように見せる池田選手はすごいと思いました」と、精神力の強さもさすがだ。
しかし、これまでとの変化で一番強く感じたのは「表情」。北海道で起きた地震の影響で、先週の「ANAオープン」が中止となったが、池田は現地に行って特別番組に出演した。被災地の状況を目の当たりにしたことで、池田の心境に変化があった。「感情が豊かな選手なので、このような時に自分がどういうゴルフの見せ方をすべきか、というのを池田選手なりに考えたのではないでしょうか。ラウンド中の立ち居振る舞いや表情に表れていて、強い意志が感じられました」。これについて、池田自身も「明るい情報を我々が提供しないといけないと思う中で、自然にその表情が生まれてきたのかもしれない」と変化を感じていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 池田勇太 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年9月25日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「池田勇太 + 結婚」のおすすめ記事

「池田勇太 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら