【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 表純子カムバックの意味のアピール不足

【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 表純子カムバックの意味のアピール不足
世界中でいったい何人が歓喜し、泣いただろうか。米ツアー最終戦でのタイガー・ウッズ復活優勝。ツアー通算79勝目から1876日(約5年)ぶり、42歳でのツアー通算80勝目は、改めてタイガーのすごさを浮き彫りにするものだった。もちろん、タイガーだからできたことではあるが、それでも、42歳になってもトップの世界で復活できるゴルフというスポーツの素晴らしさをも感じさせた。

世界のトップであるPGAツアーが「パワーゴルフの時代」といわれてしばらく経つ。それでも、タイガーはパワーではなく、技でカムバックを果たした。あれほどたくましかった体が、酷使と年齢によってボロボロになり、一時は引退すら脳裏に浮かんだほど。4度にわたる腰の手術を受けて、必死にスイングを立て直してのカムバック。タイガーの人生がそのまま投影されているように見えるからこそ、感動を呼んだのだろう。生涯スポーツの素晴らしさでもある。
話をこのコラムのテーマである日本の女子ツアーに戻そう。タイガー復活のまさにその週、ツアー復帰を果たしたのが“鉄人”表純子だ。241試合連続出場の記録を持つ表だが、右肩の痛みを訴えて、昨年10月以来、戦線離脱。右肩周囲炎の診断で手術に踏み切ったはずが、開けてみたら腱が断裂していた。11月に約3時間に及ぶ大手術を受け、必死でリハビリに励んでのツアー復帰戦が、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン。はじめて、1年近くもクラブを握らない生活から、自らの“居場所”に戻った実感をかみしめた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年9月25日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュース

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら