3勝を挙げている有村智恵 「優勝への分かれ道」と警戒するポイントは?

3勝を挙げている有村智恵 「優勝への分かれ道」と警戒するポイントは?
拡大する(全1枚)
<スタンレーレディス 事前情報◇4日◇東名カントリークラブ(6571ヤード・パー72)>
2009年、11年、12年と3度「スタンレーレディス」を制している有村智恵。3勝して以降、1グリーンへの改修が始まり今年で完全に工事完了と徐々に様変わりを見せている東名カントリークラブだが、「良いイメージはすごくありますね。あとは自分の状態次第。パッティングのイメージが出てくれば優勝争いできる」と胸を張る。
【写真】ホステスプロの斉藤愛璃がにっこにこ
なぜ東名CCに強いのか。有村は改めてこう分析する。「元々私はフルショットというよりも、ラインを出すショットでゴルフを組み立てるのがメイン。ここのコースは起伏が激しく平らなところからセカンドショットを打つことがほとんど無い。その中で距離感だったり、グリーンで止めたり、逆に手前から転がして乗せたり。そういうバリエーションのショットが得意だからではないでしょうか」。総距離は長くないが、その分ショットの種類は求められる。そういった部分が自分とマッチしたと考えている。
そんな有村が「優勝への分かれ道」と話すのが17番パー4のティショット。「優勝争いの緊張状態の中でティショットをフェアウェイに置けるかどうか。ラフに行ってしまうのか。これでクラブが3~4番手変わる。つまり難易度が大きく変わる」。
緊迫した中で選手を悩ませるのが風。「フォローかアゲインストの縦の風なら良いのですが、左からの横風が吹くと一気にフェアウェイが狭くなります。左の林というか崖を向かないといけなくなりますから。それを嫌がってフェアウェイの真ん中を向くと右のOBが気になってくる」。逆に言えばティショットをクリアできればバーディが見えてくる。
11年の優勝時には、初日にアルバトロスとホールインワンを同日達成というツアー初の偉業を成し遂げた思い出の大会。「調子も上がってきたし、もう一回勝てたらという思い」。“東名マイスター”が4勝目に向かってひた走る。(文・秋田義和)

■有村智恵 2018シーズン成績一覧
■「心が死んでいた…」 有村智恵が語った低迷時の心境
■有村智恵&原江里菜の美女コンビがドレスで共演!<写真>
■ピチピチウェアのイ・ボミがぐぐっとのけぞり!?<写真>
■日本プロシニア 初日の結果一覧

当時の記事を読む

有村智恵のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「有村智恵」に関する記事

「有村智恵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有村智恵」の記事

次に読みたい「有村智恵」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月4日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 有村智恵 Instagram
  2. 有村智恵 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。