ノーベル賞の本庶佑教授とも接点が!意外にすごい廣田恭司の素顔

ノーベル賞の本庶佑教授とも接点が!意外にすごい廣田恭司の素顔
<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日◇4日◇サミットゴルフクラブ(7018ヤード・パー72)>
シニアプロ日本一を決める公式戦「第57回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」初日、5アンダーでトップに立ったのが52歳の廣田恭司。レギュラーツアー未勝利と無名の選手だが、聞けばすごい素顔の持ち主だった!
“若大将”原辰徳氏のドライバースイング連続【正面】
まずは先日、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑(ほんじょたすく)教授との縁。
「普段は京都ゴルフ倶楽部でメンバーさんを中心にレッスンを行っていますが、教授もメンバーでして。直接レッスンはしておらず、先生のご友人やお仲間に教えているんですが、先生とも少しだけ面識があります。今回ノーベル賞の受賞が決まり、何か流れがきているのかなと(笑)。ラウンドの途中、そんな気がしていました」
次のエピソードは野球。兄は元プロ野球選手の廣田浩章さん(現福岡ソフトバンクのスコアラー)で、自身も山口県立萩商業高校時代、通算24本塁打を打つスラッガーだったそうだ。
「ドラフトも2球団からかかっていたんですが、ボクはいきませんでした。ただ、そのときにやり残したことがあるような気がして、ゴルフを続けている気持ちも少しありますね。25歳まで社会人でしたが、会社の人に連れられて下関で日本オープンを観戦したとき、“この世界はすごい”と思ってゴルフを始めました。面白いでしょ(笑)」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年10月4日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら