アメニモマケズ…丸山奨王がナイスカムバックで1アンダー・19位発進

アメニモマケズ…丸山奨王がナイスカムバックで1アンダー・19位発進
<アジア・パシフィックアマチュア選手権 初日◇4日◇セントーサGC ニュータンジョンコース(6847ヤード・パー70)>
2年連続で本大会に出場の丸山奨王(カリフォルニア大1年)。この日は前半で1バーディ・1ダブルボギーと1オーバーで折り返したが、後半で巻き返しを見せた。「最後5ホールまではひどかった」とショットの不調に悩まされたが、14番では7mを決めてバーディ奪取。「今日は長いのが入った」とパットに助けられ、後半でスコアを2つ伸ばして1アンダー・19位タイで初日を終えた。

午後組のスタートだった丸山は、前半の8番プレー中、スコールに襲われた。「グリップも滑るし、結構辛かった。準備が甘かったです」と苦戦したが、バッグの中にたまたま入れていたレイングローブが活躍。「監督に怒られるからバッグに入れてたんですが、人生で初めて使いました。意外とよかったです」と、運も味方につけ、9番から新アイテムを使い始めたことも好スコアにつながったようだ。
昨年大会では、2位タイ発進を決めながらも、体調不良のため力を発揮できずに19位タイで終了。今年は、海外の試合を始めて見に来てくれたという祖母が応援にかけつけているため、さらに気合いも入る。「変なプレーは見せられないなと思います。今日は長いパットに救われたけど、毎日そう入るわけはないと思う。もう少し、ショットの精度を上げていきたい」と、残り3日間で飛躍を目指す。(文・谷口愛純)


【関連ニュース】
■アジアアマ 初日の結果一覧
■キャ、キャディバッグが…!マスターズ目指す丸山奨王に起こった悲劇
■「見るつもりはほとんどない」 丸山茂樹、息子・奨王のプレーは観戦せず?
■シニアプロ日本一決定戦!「日本プロゴルフシニア選手権」初日の結果
■ノーベル賞の本庶佑教授とも接点が!意外にすごい廣田恭司の素顔

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年10月4日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら