“育成”の年が“飛躍”の年に!?木村彩子の割り切った考え方

“育成”の年が“飛躍”の年に!?木村彩子の割り切った考え方
<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 初日◇18日◇マスターズゴルフ倶楽部・兵庫県(6,528ヤード・パー72)>
今季4勝と絶好調のアン・ソンジュ(韓国)が「65」をたたき出すなど、初日から伸ばし合いの様相を呈している「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」。そんな中、木村彩子も6バーディ・ノーボギーとスコアを6つ伸ばし、6アンダーの2位タイにつけた。
今日のアン・シネのセクシーウェアはこんな感じ<大会フォトギャラリー>
木村は永峰咲希、柏原明日架らと同学年の22歳。2015年にプロテストに合格し、同年のファイナルQTで41位に入った。その資格で16年はレギュラーツアーに参戦。だが、28試合に出場して36位が最高位と、洗礼を受けるかたちとなった。同年のQTも65位と低迷。ステップ・アップ・ツアー行きを余儀なくされる。
木村はその時をこう振り返る。「当時の持ち球はフックでした。ドローじゃなくてフック。そのくらい曲がっていました。高さもランもバラバラだから、距離計算も全然意味がないくらいでしたから」。このショットでは戦えない。そう感じた1年だった。
そこでコーチの仲村満氏とともに思い切ってフェードにチャレンジする。「フェードを打つくらいじゃないと直らないくらいフックだったんです」と持ち球改造に着手した。
とは言ってもイ・ミニョン(韓国)のようにフェード一辺倒にするわけではなく、打ち分けるスタイルを目指した。「フェードにチャレンジしていると、これまで攻められなかった右ピンに対して攻めていけるようになった。どうせやるなら両方のピンでチャンスにつけられた方が良い、ということで1つに絞らないことにしました」。当然、練習する球数は増えたが、「その分練習が楽しくなりました」と嫌になることはなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年10月18日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「テレサ・ルー」のニュース

次に読みたい関連記事「テレサ・ルー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら