今平周吾は圧巻の逆転劇にも「らしくないですよね(笑)」謙虚で無口な男が明かした野望

今平周吾は圧巻の逆転劇にも「らしくないですよね(笑)」謙虚で無口な男が明かした野望
<ブリヂストンオープン 最終日◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7119ヤード・パー71)>
ようやく勝てたというのが正直な感想だった。昨年5月の「関西オープン」でツアー初優勝を挙げた今平周吾が、今季初優勝、通算2勝目を飾った。今季は惜敗続きだっただけに、無口でシャイな今平でもとびっきりの笑顔がはじけた、とはいかなかった…。

「いろいろ経験してきて、優勝するのは難しいなと考えていました。前半もリードされて、今週もダメかなと思ったけど、諦めなければいいことがあると分かりました」とクールに淡々と激戦を振り返った。
1打差の3位から出た最終日は、前半から苦戦。7番を終わってスコアを1つ落とした。「前半で離されていたので、自分から行かないと優勝はないと思っていました」と、ギアを上げた。前日までの「コンパクトに振る」イメージも優勝争いの中では「タイミングが合わなくて」と、8番から元のスイングに戻した。「そこからイメージが合いました」と、後半の猛チャージにつなげた。
まずは9番のパー5で2オンに成功して楽々バーディとしスコアを戻した。この時点で首位の川村昌弘と4打差。ここから今平劇場が幕を開けた。11番でバーディ、13番でもバーディを奪うと、14番でも2.5mのきわどいパーパットを決めた。15番ではティショットが左の林に入るも、フェアウェイに戻した後の3打目をピン左3mにつけ、これもパーセーブ。「一打一打に集中して、外れたら後がないという感じでやっていた」と、後半は圧巻の10パットにまとめた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 今平周吾 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年10月21日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事

「今平周吾 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら