元水城高ゴルフ監督の石井貢氏は、女子を教えてもしっかりと結果を残していた【記者の目】

元水城高ゴルフ監督の石井貢氏は、女子を教えてもしっかりと結果を残していた【記者の目】
先週の「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」では、秘かに注目していた選手が2人いた。一人がマンデートーナメントで「65」をマークし、1位で本戦出場を決めたアマチュアの高久みなみだ。高久3姉妹の末っ子として福島県内では昔から有名だったらしいが、いくらマンデーとはいえ、7アンダーはなかなか出せる数字ではない。しかも、まだ高校3年生だというのだから驚きだ。もっとも、この世代は安田祐香を筆頭にした“プラチナ世代”と呼ばれており、プロの試合でも優勝争いに絡んだ経験を持つ選手が少なくない。実際、高久は2日目を終えたときには首位と3打差の4位タイにつけており、十分優勝を狙える位置にいた。最終的にトータル7アンダーの8位タイに終わったが、プレッシャーのかかる中、スコアを落とさずにベストアマのタイトルを獲得したのはお見事というしかないだろう。
【写真】樋口久子 三菱電機レディスの模様を写真でプレーバック!
「これで同世代の選手たちに追いついた気がします。来年のプロテストに向けて大きな自信になります」と、試合後に笑顔を見せた。
その高久を1打抑えて3位タイに入ったのが、もう一人の注目選手だった小滝水音だ。ツアー初出場となった今年の「宮里藍サントリーレディースオープン」では、2日目に2位となり注目を浴びる。最終的に16位タイに終わったものの、リランキング制度に助けられ、後半戦の出場権を得ていた。その後17試合に出場したものの、最高順位はデビュー戦での16位タイだったが、その記録を今大会で大幅に塗り替えた。「今回、3位以内に入ったことで、2週後の伊藤園レディスに本戦から出場できるようになりました。それが一番うれしいですね」と喜んだ。本来なら3位以内の選手には翌週の大会に出場権が与えられるが、今回はTOTOジャパンクラシックが日米共催の形をとる特殊な大会のため、その翌週伊藤園レディスが対象となった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年10月29日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら