始球式が幻に…単独首位発進の佐伯三貴「カープが日本一になれなかったので頑張る!」

始球式が幻に…単独首位発進の佐伯三貴「カープが日本一になれなかったので頑張る!」
<伊藤園レディスゴルフトーナメント 初日◇9日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6741ヤード・パー72)>
2010年大会の優勝者・佐伯三貴が、7バーディ・1ボギーで今季自己ベストタイとなる「66」をマーク。6アンダー・単独首位発進を決めた。

内容的には「100点満点に近い」と話したこの日のラウンド。出だしの10番で「寄せるつもりだった」と本人も思わず笑ってしまう16mのバーディパットを決めて勢いづくと、そこから快調にスコアを伸ばしていく。さらに16番では「ここも寄せるつもりでした(笑)」という20mのバーディパットを沈めるイケイケ状態だった。
昨年大会も初日7アンダーで、最終的に優勝を果たした福田真未と並ぶ首位発進。結果は9位タイに終わったが、相性の良さがうかがえるコースといえる。だが、佐伯は「明日は明日の風が吹くので」と気に留めていない様子。「状態はいいので、今日ミスした部分を修正して、もっとスコアを伸ばしたい」と目の前のプレーに集中する構えだ。
大の広島東洋カープファンとしても知られる佐伯。今年の日本シリーズでは、愛するチームが福岡ソフトバンクホークスに1勝4敗1分けで敗れ、1984年以来となる日本一の座を逃した。さらに、そこにはこんな裏話も。
実は佐伯、マツダスタジアムで行われる予定だった第7戦では、始球式の大役を任されていた。キャッチボールなどで準備も進めていたのだが、第6戦で勝負が決したことで登板は幻に終わった。「投げたかったですね。黒田さん(広島元投手・黒田博樹氏)からも『残念だったね』とLINEが来ました」と、“ダブルで”悔しさを味わうシリーズとなってしまったのだ。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月9日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。