高3ゴルファーの教科書はPGAツアー “プラチナ世代”上野菜々子「ここまで来たら優勝を目指したい」 

高3ゴルファーの教科書はPGAツアー “プラチナ世代”上野菜々子「ここまで来たら優勝を目指したい」 
<大王製紙エリエールレディスオープン 2日目◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>
“プラチナ世代”が今大会も旋風を巻き起こすか? アマチュアの上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)が、8バーディ・ノーボギーの「64」をマーク。トータル11アンダーとし、首位に1打差の2位タイで予選通過を果たした。
【写真】元気よくコースを駆ける上野菜々子
3アンダーの8位タイで初日を終えた上野は、この日は10番からのスタート。パーを3つ並べて迎えた13番で1mのバーディパットを沈めると、ここから“覚醒”した。
7Iで放った残り144ヤードのセカンドをピン2.5mにつけた14番でもスコアを1つ伸ばすと、15番で2.5m、16番で7m、17番で4mのチャンスを次々と決め、「生まれて初めて」という5連続バーディを達成。勢いそのままに後半も3つスコアを伸ばし、こちらも「試合では初」という「64」をスコアカードに記した。
上野がゴルフを始めたのは小学校1年生の時。高校生でツアー優勝を果たし、時代の寵児(ちょうじ)となった石川遼を見たのがきっかけだ。「石川選手が色々とテレビで取り上げられていて、その姿を見て『ゴルフをやりたい』と思いました。クラブでボールが前に飛んでいくのが楽しくてハマりました」とその魅力を知った。
今大会でキャディを務める父や、地元の練習場でプロから教えてもらい腕を磨く18歳が、一番参考にしているのが米国男子ツアーで戦う選手達のプレーだ。現在の憧れはジョーダン・スピース(米国)。「自分の意思で曲げる男子選手のドライバーの打ち方や、コントロール抜群のアイアン、パターなどすべてが参考になります」とCS放送から流れるPGAツアーに目を輝かせる日々。タイガー・ウッズ(米国)などトップ選手のプレーの一つひとつが、高校3年生の上野にとっての“教科書”になっている。...続きを読む

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年11月16日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。