兵役から復帰した選手のゴルフ観 14年ミズノOP制覇後ツアーから消えたジャン・ドンキュはどう思う?

兵役から復帰した選手のゴルフ観 14年ミズノOP制覇後ツアーから消えたジャン・ドンキュはどう思う?
<ダンロップフェニックストーナメント 3日目◇17日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)>
今年の2月に兵役の任務を終え、ツアーに戻ってきたジャン・ドンキュ(韓国)がトータル7アンダーの8位タイから4年ぶりとなる逆転での日本2勝目を目指す。
【写真】松山英樹と石川遼に沸く宮崎から写真をお届け
「2年間は長かったですが、ようやくゴルフも戻ってきました」と笑顔を見せた。先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で7位タイ。今週も上位争いと、復帰直後の成績から考えればかなりの“進化”を遂げた。
2011年から日本ツアーに参戦。14年には「ミズノオープン」で初優勝。賞金ランキング13位に入った。翌年は韓国でも優勝。順風満帆のゴルファー人生を送っていたが、韓国男性ゴルファーの誰もが直面する問題と向き合った。
韓国に残る兵役制度。16年3月、27歳のときにプロゴルファーを一時休養し、母国に戻ることを決めた。最初の1年間は訓練の日々でゴルフクラブを握ることもできなかった。その後は体を痛め、異例の“通勤兵役”。自宅から通い、「9時から夕方の6時までで、そのあとは練習にも行けるのですが、試合がないからモチベーションもないし週に2回くらい、ただ打っているだけ」。
兵役の中身としては「一般的なものです。運動してガンシューティングをして、実戦の訓練も行った。特にガンシューティングは50メートル、100メートル200メートル先のターゲットめがけて打つのですが、これは得意でした(笑)。ゴルファーはみんなうまいと思います」。理由を聞いてみた。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石川遼 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2018年11月18日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。