三浦桃香はダボを叩き、パープレー…「ダメでした」もQTなりの戦い方で大ケガ防ぐ

三浦桃香はダボを叩き、パープレー…「ダメでした」もQTなりの戦い方で大ケガ防ぐ
<ファイナルクォリファイングトーナメント 2日目◇28日◇東急グランドオークゴルフクラブ・兵庫県(6456ヤード・パー72)>
3アンダー・7位タイの好発進を決めたにも関わらず「まだ気持ちは全然落ち着かない」と話していた三浦桃香。2日目は3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「72」。パープレーでトータル3アンダー・18位タイに後退。「ダメでした」と振り返る。

1番から出た三浦は5番までパープレーを続けたが6番で2打目をグリーン左手前バンカーに入れると「思ったよりも砂が硬くて…」と“ホームラン”。そこから寄らず入らずの“素ダボ”を叩いてしまう。その後も「パターが全部惜しいって感じ。入らない」とカップに嫌われる展開ながらも何とか3バーディを奪ってホールアウト。粘りを見せた。
そのパットはQTならではのタッチで打っているという。「QTは狙いにいくところじゃない。オーバーして3パットするのが一番嫌。ジャストタッチで打っています」。普段は強気のパットで入れに行くが、今回は1位でなくてもいい。むしろ下位がダメ。だから絶対2パット以内という戦い方にシフトしている。
その結果、ダボを叩いたものの、それ以外はボギーを1つだけにまとめることができた。決まらなかったパットも、全然決まらなかったわけではなく、わずかに決まらなかったものが多く、ほとんどを「お先」でストレスなく回ることができた。「ショットは良かったですし、納得しています。QTの緊張感の中でも振りぬくことができている。明日からも頑張ります」。1つきっかけさえつかめれば、一気に上位に進出する準備はできている。


【関連ニュース】
■来季出場権を手にするのは…国内女子「ファイナルQT」特集
■選手たちの表情をチェック!「ファイナルQT」現場からの写真一覧
■三浦桃香 プロフィール&今季成績一覧
■三浦桃香 レッスン「ドライバー飛距離アップのコツ教えます」
■イ・ボミに交際報道 お相手は韓国の人気俳優イ・ワン

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2018年11月28日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「藤田光里」のニュース

次に読みたい関連記事「藤田光里」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「河本結」のニュース

次に読みたい関連記事「河本結」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「原英莉花」のニュース

次に読みたい関連記事「原英莉花」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。