【LPGA新人戦 選手紹介】三ヶ島かな「無職になるのはまずいと思いました(笑)」

【LPGA新人戦 選手紹介】三ヶ島かな「無職になるのはまずいと思いました(笑)」
12月6~7日の日程で開催される「LPGA新人戦 加賀電子カップ」。近年稀に見るスコアの伸ばし合いとなった2018年LPGAプロテストを突破した第90期生・21名が出場するが、それぞれの選手の個性を紹介する。

現役シード選手としてプロテストを受け、見事を合格を果たした三ヶ島かな。
福岡県出身の三ヶ島がゴルフを始めたのは小学校4年生の時。現在キャディとして、ともにツアーを戦う父・直(すなお)さんの影響だ。「父が練習をしているのを見て、“何をやっているんだろう?”と思ったのがきっかけです」。こうして自らもクラブを握ることになり、そして、すぐに“プロゴルファー”という存在に憧れを抱くようになった。
「ゴルフ中継を見ていて、“自分の好きなことを仕事にできるっていいことだな”と思いました。好きなことを頑張れば、賞金がもらえる。強い魅力を感じました」
もともと水泳で体幹や基礎体力がついていたこともあってか、ゴルフもメキメキと上達。ジュニアの大会でも好成績を残す九州の有力選手の一人になっていった。だが、大会では“衝撃”を受けることばかり。
「一つ上の世代には、柏原明日架先輩、種子田香夏先輩のような強い方がたくさんいて…。『濃ゆいメンバーだなぁ』といつも思っていました。変な話、日本ジュニアで上位に行くより、九州ジュニアを通る方が難しいという感じでした」
ジュニアの試合に行って「すごい子がいる」と壁にぶち当たり、また一人で打ち込む…この繰り返し。だが「強い先輩がいるから頑張ろう」という思いが、上達への欲求をかきたてた。「九州の先輩はみんな憧れです。その背中をみて、追いかけて練習する。みんなで伸ばし合い、引っ張り合うという流れができています」。数々の名選手を生み出した九州勢の強さのヒミツも垣間見えた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2018年12月5日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。