【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】新ルール施行で女子ツアーはどうなる!?

【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】新ルール施行で女子ツアーはどうなる!?
新しいゴルフルールに、女子プロたちはどれだけ対応できるのか? 長年の懸案となっているスロープレーをどれだけ減らすことができるのか? 2019年国内女子ツアーの注目すべき点の一つだ。
間違えやすい? 新ルールではヒザの高さからドロップ【写真】
自然発生的に生まれたゴルフというスポーツに、世界最古のゴルフルールができたのが1744年のこと。以来、ゴルフが世界中に広がっていく中で、ルールは様々に変化してきた。だが、様々な局面でプレーヤー自身が審判であり、ルールに対応していくということは変わっていない。
ゴルフの普及に伴い、プロゴルファーが誕生し、トップツアーがあちこちでできる。テレビ放映が始まり、スポンサーがつくようになった。その一方で、一般のアマチュアゴルファーはゴルフを楽しむ。そんな中で、それぞれに対応しようと変化し続けてきたのがゴルフルールだ。
自分自身が審判なのだから、ゴルファーはルールを知っているのが基本だが、中でも競技ゴルファーは、知らなければ話にならない。究極の競技ゴルファーであるプロはなおさらだ。しかし、それでもルールトラブルはかなりの頻度で発生するし、他のプレーヤーに迷惑をかけるレベルのスロープレーも起きているのが実態だ。
今年の1月1日から施行された新ルールは、ゴルフの普及という目的のもと、わかりやすさや時短について十分に考えられ、これまでのものとは大きく変わっている。それだけに準備に時間をかけ、昨年の内にドラフト版を配布。これをさらに煮詰めたものとなっている。それでも、日本では翻訳の手間もあり、まだまだ浸透しているとはいえないのが現状だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年1月22日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。