首位との3打差は「無いに等しい」 野村敏京が優勝を視界に捉えて最終日へ

首位との3打差は「無いに等しい」 野村敏京が優勝を視界に捉えて最終日へ
<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇15日◇ザ・グレンジGC(オーストラリア)◇6638ヤード・パー72>
野村敏京が先週に続いて好調をキープ。久々の優勝を圏内に捉えてえ最終日を迎える。
先週もオーストラリアで優勝争い!多くの観客を引き連れる野村
1日4アンダーを目標に掲げてスタート。この日は出だしから連続バーディを奪う快走だった。前半で4バーディ・1ボギーの「33」をマークして単独首位で折り返し。そのまま勢いを保ちたかったが、流れが途切れたのは「後半の13番のバーディパットを外してから」。その後はチャンスにつけるも短いパットが入らず中々波に乗れなかった。
その中でも後半ではノーバーディ・1ボギーとスコアを1つ落とすにとどまり、4バーディ・2ボギーの「70」と3つ伸ばしてホールアウト。目標には1打届かなかったが、トータル9アンダー、トップとは3打差と優勝を視界に捉えて最終日に挑む。
「このコースなら3打差はないに等しいですよ。危ないホールをしっかりパーでしのいで、パー5はそんなに難しくないので、しっかりバーディーを獲っていきたい」と勝ち気な笑み。ツアーから長期離脱をしていた野村だが、先週の「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」から2週連続の優勝争いに手応えも十分な様子だ。2年前の本大会で初優勝を挙げた舞台で、復帰後の“初優勝”を納めたい。

■米男子「ジェネシス・オープン」リーダーボード
■米女子「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」リーダーボード
■第2Rは翌日に持ち越し 松山英樹、パット不振脱却の秘策として“クロスハンド”にトライ
■松山英樹にヒントあり!今季のPGAツアー、誰が何で飛距離UPしているのか?【記者の目】
■ジョーダン・スピース、ついにエース『915D2』を手放す?

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年2月16日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。