東京五輪まで514日 復活から2度目のゴルフ競技、残る課題は?

東京五輪まで514日 復活から2度目のゴルフ競技、残る課題は?
東京五輪の開会式まで残すところ514日。ゴルフ競技の会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部では、来年のビッグイベントに向けて準備が大急ぎで進められている。25日(月)には同コースで記者会見が行われ、日本ゴルフ協会(JGA)、霞ヶ関CCの担当者、東京2020組織委員会らが登壇して五輪開催についての発表を行った。
バンカーを入念にチェックする中嶋常幸
2016年のリオ五輪で112年ぶりに正式種目に復活したゴルフ競技。東京五輪でも、前回と同様に男女60人ずつの計120人が出場し、それぞれ72ホールのストロークプレーで4日間ずつ開催される。現時点では、気温や公共交通機関の影響もふまえてスタート時間は午前7時30分を予定。チケットの販売数については協議中だが、近隣の学校などを中心に、学校向けの観戦チケットの販売も自治体と検討しているという。
開催に向けての課題のひとつが交通面だ。来場者の会場へのアクセスは、最寄の4駅を中心とした輸送形態を用意している。招致の段階では1日2万人の来場者を想定しており、交通面の整備も必要だ。加えて最重要課題とするのが選手の移動。東京2020組織委員会のゴルフ競技スポーツマネージャーを務める立石泰隆氏は、「選手が出発したことを確認できるので、基本的には選手村に宿泊するよう頼んでいる。時間通りに選手に来ていただくのが最優先課題なので、東京都とチームを組んで対応している」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年2月26日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「勝みなみ」のニュース

次に読みたい関連記事「勝みなみ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。