私がプレーヤーズ委員長になった理由【有村智恵委員長特別インタビュー】

私がプレーヤーズ委員長になった理由【有村智恵委員長特別インタビュー】
拡大する(全1枚)
昨シーズン、「サマンサタバサレディース」で6年振りとなる優勝を挙げた有村智恵。米ツアー撤退後の苦しい時期を乗り越えて復活、有村智恵物語の第二章の幕開けとも言うべきシーズンとなった。一方で2019年はプレーヤーズ委員(協会内の選手会とも言うべき組織)の委員長として、いち選手としてだけでなく、選手の代表としての手腕も問われることとなる。そんな注目の31歳に思いを語ってもらった。今回は委員長になった理由について。
大会2日目の様子も現地からフォト配信中!【ダイキン・ライブフォト】
−今年、プレーヤーズ委員の委員長になられました。なぜ委員長になろうと?
立候補と他薦で決まったのですが、私はずっと委員長をやったことがなくて。以前から声はかけて頂いてましたが、アメリカに行ったり、シード権がなくて常にツアーにいられる保証がなかったので、なかなかやることができなかったんです。
でも今年はシードもあるし、「年齢的にもそろそろやっておかないと」という部分がありました。あとは自分なりに、アメリカのツアーも見てきて、やはり今の女子ツアーに対して思うこともたくさんあります。それをうまくいい調和を取れるように、まずはプレーヤーズ委員会に入って、もっと勉強したいな、と思いました。詳しいことを勉強してからじゃないと、いろんな発言はできない。それで、まずは一回やってみようかなと思いました。
−米ツアーのいい物は取り入れて、日本のいい物は残して、というかたちでしょうか
編集部おすすめ

当時の記事を読む

有村智恵のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「有村智恵」に関する記事

「有村智恵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有村智恵」の記事

次に読みたい「有村智恵」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク