協会と選手会を分けるより、様々な会員の意見の吸い上げが大事【有村智恵委員長インタビュー】

協会と選手会を分けるより、様々な会員の意見の吸い上げが大事【有村智恵委員長インタビュー】
拡大する(全1枚)
昨シーズン、「サマンサタバサレディース」で6年ぶりとなる優勝を挙げた有村智恵。米ツアー撤退後の苦しい時期を乗り越えて復活、有村智恵物語の第二章の幕開けとも言うべきシーズンとなった。一方で19年はプレーヤーズ委員(協会内の選手会とも言うべき組織)の委員長として、いち選手としてだけでなく、選手の代表としての手腕も問われることとなる。そんな注目の31歳に思いを語ってもらった。今回は委員長になってやりたいこと。
決勝Rで抜け出すのは誰だ? 開幕戦の撮れたてフォトギャラリー
−就任されてまださほど時間は経っていませんが、すでにお考えの企画などはありますか?
少しずつしか変えていけないので、すぐになにかというわけではないですが、まずは昨年から協会の方がやっているグッズ制作を、もっと選手が関与できないかということを考えています。
ファンの方がどうやったら喜んでもらえるかという部分で、これからは選手がアイデアを出したグッズを制作してみたらどうかなと思っています。開幕戦の前に行われた選手ミーティングで、選手たちにそういった提案をしてみました。選手個々からどういうアイデアが出るか分からないですが、そういった物でもファンサービスの拡大を少しでもしていけたらいいな、と思っています。
−男子ツアーでは石川遼選手会長発案の大会オリジナルピンフラッグが人気を博しました。そういったツアー全体的なものだけでなく、選手個人のものも展開していくイメージですか?
編集部おすすめ

当時の記事を読む

有村智恵のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「有村智恵」に関する記事

「有村智恵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有村智恵」の記事

次に読みたい「有村智恵」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク