スイングの修正は「ダイエット」? 大山志保が“大人のゴルフ”で急上昇

スイングの修正は「ダイエット」? 大山志保が“大人のゴルフ”で急上昇
<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇5日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)◇6,564ヤード・パー72>
“不死鳥”が、一気にリーダーボードを駆け上った。大山志保は4バーディ・ノーボギーの「68」をマーク。難関・葛城をボギーフリーのラウンドで攻略し、初日の35位タイからトータル1アンダー・3位タイに上げ、優勝争いに名乗りを挙げた。
拳がうなる! 大山志保といえばやっぱりこれ【写真】
「ショットがよかった」。2日目のラウンドは、この一言につきた。この日をアンダーパーで終えた選手はわずか12人。引き続きのガマン大会という展開のなか、大山は大出瑞月と並びベストスコアタイをマークし、クラブハウスへと戻ってきた。「難しいコースですが風を味方にできました。私はアゲインストが好き。パンチショットで重い球を打てるので、番手を上げる必要もないですし」。ベテランならではの技で、難コンディションを克服した。
先週は地元・宮崎の「アクサレディス」で今季初となる予選落ち。思い入れは深いだけに、当然悔しさを残しながらコースを後にした。たが、「やることはたくさんあるので、下を向いて落ち込んではいられない。前を向いて、自分がやるべきことをしっかりやらないといけないなと思っています」とすぐに気持ちを切り替えた。
これに対して『大人になった?』という質問が飛ぶと、「40歳を超えても、まだ大人になれていないですね。『この年でまだこれか?』と思うことはたくさんあります」と、まだ“精神的に熟成しきれていない”という自己評価を吐露。だが、この日のラウンドについては「精神的にもよかったです。バーディチャンスを外しても自分を許せた」と“成長”を感じ取った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年4月5日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュース

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュース

次に読みたい関連記事「横峯さくら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。