石川遼の新1Wは話題の『◆◆』! 次世代エースパター候補は“中尺プロト”

石川遼の新1Wは話題の『◆◆』! 次世代エースパター候補は“中尺プロト”
<中日クラウンズ 事前情報◇1日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>
国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」を腰痛のため欠場した石川遼が、2010年に劇的優勝を挙げた「中日クラウンズ」でシーズン本格開幕を迎える。
石川遼の最新クラブを大公開!【写真】
レギュラーツアーとしては国内の初戦とあって、気になるのはバッグの中身。ドライバーは、今話題のキャロウェイ『エピックフラッシュサブゼロ◆◆(ダブルダイヤモンド)』を投入。エピックフラッシュサブゼロのノーマルモデルよりも、スピン量を抑えて飛距離を出すためにディープフェース設計になっているのが特徴だ。
東建では契約フリーの池田勇太が『エピックフラッシュサブゼロ◆◆◆(トリプルダイヤモンド)』を投入していたが、両モデルともフェースのバルジとロールを抑えたストレートフェースになっている。「フューチャーGOLFツアーや千葉、岐阜オープンも含めて、(レギュラーの)試合でもやっていける」と手応えは十分。ツアー外競技の「千葉オープン」での優勝を助けた新ドライバーだ。
8年以上使い続けたエースパターも変更。千葉オープンから使い始めたブレード型のセンターシャフト、『ミルドコレクションTX#2プロト』だ。「パターのほうがドライバーよりも使っている期間が短いので、タッチやラインを合わせるのにはまだ慣れが必要」としながらも、「再現性はいいし、手先を使いがちだったストロークから、体全体でできるようになったので楽しみ」とこちらも好調だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石川遼 結婚
ALBAの記事をもっと見る 2019年5月1日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事

「石川遼 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら