“昭和の男”宮本勝昌が「令和」初戦で逆転V 1差2位に今平周吾

“昭和の男”宮本勝昌が「令和」初戦で逆転V 1差2位に今平周吾
<中日クラウンズ 最終日◇5日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>
新元号「令和」となって初の国内男子ツアー「中日クラウンズ」の最終日が終了。1打差2位からスタートした宮本勝昌が6バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「69」をマークし、トータル9アンダーで逆転優勝を果たした。昭和47年生まれのベテランが、令和初戦でツアー通算12勝目をつかみとった。
令和第1号! 成し遂げた男の笑顔【LIVEフォト】
1打差2位に昨年賞金王の今平周吾。2打差4位タイにマシュー・グリフィン(オーストラリア)、ハン・ジュンゴン(韓国)、3打差5位タイに貞方章男、片山晋呉ら5人が入った。
先月の「マスターズ」で日本人アマとしては松山英樹に次ぐ2人目の予選通過を果たした金谷拓実(東北福祉大3年)は、トータル4アンダー・14位。7年ぶりに決勝ラウンドを戦った芹澤信雄はトータル12オーバー・70位タイだった。
【最終結果】
優勝:宮本勝昌(-9)
2位:今平周吾(-8)
3位T:マシュー・グリフィン(-7)
3位T:ハン・ジュンゴン(-7)
5位T:貞方章男(-6)
5位T:片山晋呉(-6)
5位T:藤田寛之(-6)
5位T:星野陸也(-6)
5位T:ピーター・カーミス(-6)
5位T:アンソニー・クウェイル(-6)

■中日クラウンズ 最終結果
■タイガーの加護!? 宮本勝昌の“赤ボール”
■女子ツアーでは雷雲接近で中断に【LIVEフォト】
■松山英樹の順位は? 米男子ツアー3日目の結果
■池田勇太が出場 欧州ツアーのスコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月5日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュース

次に読みたい関連記事「比嘉真美子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡邉彩香」のニュース

次に読みたい関連記事「渡邉彩香」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。