1年で最もパーオンしなかったコース… リカバリー率抜群のフェードヒッターに注目!【佐藤信人の優勝予想】

1年で最もパーオンしなかったコース… リカバリー率抜群のフェードヒッターに注目!【佐藤信人の優勝予想】
<中日クラウンズ 最終日◇5日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>
「中日クラウンズ」を終えて、次週に活躍が期待できる選手を佐藤信人がピックアップ。ツアー9勝を誇り、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の広報担当理事を務める佐藤が挙げた優勝候補は、持ち球がフェードのあの選手。
命!じゃなくて、“令”和の男・宮本勝昌【写真】
■次戦の舞台は“パーオン率ワースト”を生み出した難関コース
今年の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」の舞台は、総武カントリークラブ 総武コース。2013年の「日本プロ」や、15、16年には「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」が開催された。
「このコースは27ホールあって、アウトは東コース、インは中と西の組み合わせになります」。そして今回使用するのが、13年の日本プロと同じパターン。当時の優勝スコアがトータル5アンダーと難しさがうかがえる。
「13年の日本プロは4日間の平均パーオン率が43%と、この年で一番低い大会になりました。コースも同じで時季も近いので、今回も似た感じになる。優勝スコアは間違いなく一桁アンダーになると思います」。
■曲げたら終わり… 立ちはだかる深い林とキツいラフ
パーオンを難しくさせるのが、深い林とこの時季特有の強くてキツいラフ。
「林が深く、入ってしまったらまずグリーンを狙えない。林に入ったらまず横に出すことになります。この時季はどんどん芝が生えてきて強いですし、見た目で打てそうだなと思ってもかなりラフに持っていかれる」と、フェアウェイキープがより重要となってくる。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月7日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。