日本勢が最もメジャー制覇に近づいた日 松山英樹の17年全米プロを振り返る

日本勢が最もメジャー制覇に近づいた日 松山英樹の17年全米プロを振り返る
全米プロゴルフ選手権 事前情報◇14日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)>
日本男子勢がいまだに届いていない海外メジャータイトル。青木功尾崎将司中嶋常幸片山晋呉、伊澤利光…。数多のトッププレーヤーたちがあと一歩で敗れ去った。中でも一番日本勢がメジャータイトルに近づいたのは2017年の「全米プロゴルフ選手権」での松山英樹だろう。
あまりにも悔しいV逸… 松山の頬を涙が伝う【写真】
舞台となったのはノースカロライナ州にあるクエール・ホロークラブ。米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」が行われているコースで(同大会はこの年のみ別コースで開催)、名物はツアー屈指の難易度を誇る上がり3ホール、通称“グリーンマイル”。そんな決戦の地に、前週の世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」で優勝という、最高のかたちで入った松山。当然、周囲の期待も大きく、米ツアーの公式サイトでの優勝予想ランキングでは堂々1位に挙げられた。
日本の怪物は、そんな前評判に違わぬ活躍を見せる。初日こそ首位と3打差の15位タイに終わったが、サスペンデッドとなった2日目に「64」を叩きだし暫定首位に浮上。3日目にスコアを落としたが、首位と1打差のトータル6アンダー2位タイ。タイトルを狙える位置で最終日を迎えた。
決戦の日。「ヒデキー、マツヤマ」のコールに大歓声を受けてスタートした松山は、6番、7番で連続バーディを奪うと、ケビン・キスナー(米国)が7番でボギーを叩き単独首位に浮上。リーダーボードの頂点で折り返し、日本の期待は最高潮となる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月14日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。