日本ツアーに参戦中の“ジャズ”が「全米プロ」で2位タイに!

日本ツアーに参戦中の“ジャズ”が「全米プロ」で2位タイに!
全米プロゴルフ選手権 3日目◇18日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>
日本にゆかりのある選手がメジャーの舞台で躍動した。米国ニューヨーク州にあるベスページ・ブラックコースで開催中の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」の3日目。トータル2アンダーの10位タイから出たジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が5バーディ・2ボギーの「67」でラウンド。海外の強豪たちを尻目に2位タイに浮上して最終日を迎えることになった。
藤本佳則に日本初勝利を讃えられるジャズ!
ここで簡単にジャズの略歴を紹介しよう。95年タイのバンコクに生まれ、15歳のときにアジアンツアーでプロ転向。17年に同ツアー初優勝を飾り、翌年には2勝を挙げて、海外メジャー「全英オープン」出場も果たした。現在の世界ランキングは72位で、今大会には同ランキング上位のカテゴリで参戦している。
ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)らを教える欧州の名コーチ、ピート・コーウェンに師事して磨き上げた完成度の高いスイングが持ち味で、ジャスティン・トーマス(米国)ばりにジャンプするように振り抜くインパクトが特長だ。この日も平均飛距離308.2ヤード、パーオン率も77.78をマークするなど、切れ味鋭いショットで多くのチャンスを演出。3日目のベストスコアである「67」を叩き出す原動力とした。
米ツアーのトーナメントは2試合目、東海岸には初めて来たというジャズ。難コースをねじ伏せる好プレーに大ギャラリーから声援が送られたが、ここでひとつの悩みが…。「ギャラリーが私の名前を叫んでくれました。こんなに声援を浴びたのは初めてです。ただ、彼らは私に面白い名前をつけてくれます(笑)」とタイ人独特の“Janewattananond”という名前が正しく発音されないことが多かったようだ。「いろんな種類を聞きましたが、本当に面白いものもありました。だから、続けてください(笑)」と明日もギャラリーの声援を力に変える構えだ。
実はこのジャズ、今季国内男子ツアーの初戦「SMBCシンガポールオープン」に勝利し、現在ツアーメンバーに名前を連ねている。今大会、松山英樹を除く日本人選手は予選落ちとなったが、明日は“日本ツアー”のジャズがメジャー優勝にどこまで迫れるか期待したい。

■全米プロゴルフ選手権3日目の結果
■最終日組み合わせ
■トーマスの飛ばしの秘訣は“キャイーン!?”【スイング解説】
■すでに今年の全英にも出場が決まってます!【写真】
■女子ツアーは福岡決戦 アン・シネの最終日は赤!

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。