松山英樹、スコア落として16位タイも収穫「雰囲気を味わうことができた」

松山英樹、スコア落として16位タイも収穫「雰囲気を味わうことができた」
全米プロゴルフ選手権 最終日◇19日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>
「結果論ですけど、3つ4つ伸ばせたらいい勝負ができた。そういうゴルフができなくてすごく残念」。米国ニューヨーク州にあるベスページ・ブラックコースを舞台に開催された海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」の最終日。トータル4アンダー6位タイと好位置からスタートした松山英樹だったが、3バーディ・6ボギー・2ダブルボギーの「77」と大乱調。トータルスコアを3オーバーに落とし、16位タイで4日間のプレーを終えた。
状態上向き 全米プロ開幕直前のドライバーショット【連続写真】
世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)と共に最終組の2組前でスタートした松山。2番ホールで下りの3メートルを沈めてバーディを先行させたが、続く3番パー3でボギー、5番パー4でダブルボギーを叩くなど、波に乗れない。同組のダスティンが快調にスコアを伸ばす中、スコアを3つ落としてのハーフターンとなった。
後半に入っても、10番11番と連続ボギー、16番でこの日2つ目のダブルボギーと悪い流れは変わらず…。17番パー3ではティショットをピン1.5メートルに絡めるスーパーショットでバーディとしたが、18番パー4で再びボギー。後半さらに4打スコアを落として、ホールアウトした。
最終日は苦しいプレーとなった松山だが、これからに向けて収穫がなかったわけじゃない。「久しぶりに(最終組に)近い位置でプレーできて、差はあったけど、そういう雰囲気を味わうことができた。次の試合からそういう位置でどんどんやっていけるようにしたい」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月20日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。