ダスティン・ジョンソン「とても満足している」逆転ならずも単独2位

ダスティン・ジョンソン「とても満足している」逆転ならずも単独2位
全米プロゴルフ選手権 最終日◇19日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>
今季の海外メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。トータル5アンダーの2位タイからスタートしたダスティン・ジョンソン(米国)は4バーディ・3ボギーの「69」でラウンド。全選手で唯一4日間アンダーパーを並べる安定したプレーでトータル6アンダーの単独2位に入った。
実はテクニシャン!D・ジョンソン、飛ばしの秘訣は子供のような棒振り技術【連続写真】
4日間で初めて吹いた強風が思わぬ乱戦を呼び込んだ。この日のダスティンは、前半から快調な滑り出し。短い5番パー5でこの日最初のバーディを奪うと、さらに6番、9番でもバーディを奪い、スコアを3つ伸ばして折り返す。
試合が動いたのはサンデーバックナイン。首位を走るブルックス・ケプカ(米国)が11番からまさかの4連続ボギーで大失速したのだ。対照的にダスティンは11番をボギーとしたものの、15番で値千金のバーディを奪取。この時点でトータル8アンダー、独走状態だったケプカに1打差まで迫ってみせた。
奇跡の逆転劇なるか…会場がにわかにざわめき出し、ギャラリーから大きな「DJ!」コールがされたのもつかの間、追いかける側のダスティンが16番、17番と手痛い連続ボギー。最終ホールをパーで締めたものの、結局トータル6アンダー。ケプカに2打届かずの単独2位で大会を終えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月20日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。