思い出の大会での勝利に向け、片岡大育が選んだ新しい相棒とは?

思い出の大会での勝利に向け、片岡大育が選んだ新しい相棒とは?
<関西オープン 事前情報◇22日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>
4年前の今大会でツアー初優勝を飾った片岡大育。2位に3打差をつける通算17アンダーでの勝利は、開幕からの外国人選手4連勝を阻む価値ある1勝だった。当時26歳の片岡は、「まさかこんなに早く自分がツアーで勝てるなんて思っていなかったのでうれしいです」と、初々しい表情で語っていた。
初優勝はこの関西オープン あれから4年ですね…、若い!【写真】
あれから4年、ツアー優勝回数は3回にまで伸び、賞金ランキングも最高5位にまで上がった(16年)。昨年は海外の試合にも積極的に出場。米国男子ツアーの出場権を決める“入れ替え戦”にも挑戦した。今季は主戦場を国内に絞おき、開催コースは違えども、この大会にかける思いは以前と少しも変わらない。どれだけ成長した姿を見せることができるのか、片岡自身も楽しみにしていた。
ただ、ひとつだけ不安があった。過去3年間、常に上位にいたフェアウエーキープ率が今年はよくないのだ。数字を見ると、たしかに16年65.25パーセント、17年は63.03パーセント、18年は63.20パーセントだったのが、今年は61・22パーセント(17位)と苦しんでいる。その理由を片岡は次のように語る。
「ドライバーのクラブヘッドを地面の上にポンと置いたとき、クラブフェースがちょっと右を向いていたんです。ボールをつかまえやすくするためフックフェースにしていたのですが、自分の場合、ちょっとつかまりすぎるところがあったんですよね」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月22日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。