64度のウェッジがあれば怖いものなし!?飛ばし屋・幡地隆寛の秘策が的中!

64度のウェッジがあれば怖いものなし!?飛ばし屋・幡地隆寛の秘策が的中!
<関西オープン 初日◇23日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>
今季ツアー出場2戦目となった幡地隆寛が5バーディ・2ボギーの「69」をマーク。首位と3打差の8位タイと好スタートを切った。プロ5年目の25歳だが、これまでレギュラーツアーではなかなか結果を残せなかった。身長188センチ、体重88キロの恵まれた体から放たれるドライバーショットはキャリーで300ヤードを越えるだけに大きな武器だが、グリーンを狙うショットに不安があったからだ。しかし、今季から64度のウェッジをキャディバッグの中に入れたことで、ゴルフが大きく変わったという。
タイガーと同じアイアン 顔はこんな感じ【写真】
「どのコースでも60~80ヤードの距離が残るんですが、以前は60度のウェッジが一番ロフトのあるクラブでした。それだと最大100ヤードは飛ぶので、コントロールするのが難しかったんです。たまたま古山聡さんから使ってみてはどうかといわれましたが、64度のウェッジだと最大で80ヤードなので、60~80ヤードの距離を打つのが楽になりました」
今大会は比較的フェアウエイを狭くしているため、あえてドライバーを使わずに3番ウッドなどで刻む選手が多かった。ラフからだとスピンコントロールが難しく、距離感を合わせにくいからだ。しかし、幡地はパー3を除いた14ホールでドライバーを使わなかったホールはわずかに1ホールだけ。ラフに入ってもいいという気持ちで打てたため、フェアウエイの狭さは一切感じなかったという。「64度のウェッジなら、ラフからでもボールを高く上げられるので、スピンがかからなくてもグリーンに止めることができるんです。フライヤーがかかっても、より高く上がるだけなので問題ありません」という。飛ばし屋の幡地にしてみれば、まさに64度のウェッジ様々だろう。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。