星野陸也との死闘を制して初優勝の大槻智春 曲げない1Wと極狭スタンスのパッティングが原動力

星野陸也との死闘を制して初優勝の大槻智春 曲げない1Wと極狭スタンスのパッティングが原動力
<関西オープン 最終日◇26日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇6979ヤード・パー72>
最終組の1つ前で回っていた大槻智春と星野陸也がともにトータル19アンダーでホールアウト。最終組がホールアウトするのを待って、プレーオフに突入した。舞台となったのは18番パー4.325ヤードの表示だが、実測は334ヤード。ただ、17ヤード下っているので、ピンまで317ヤードの計算だ。ドライビングディスタンスを比べると、星野が306ヤード、大槻が289・63ヤード。このホールで繰り返しプレーオフを行うことは、星野のほうが有利かと思われた。しかし、大槻には少しもネガティブな考えはなかった。
最後のパッティングを沈めてこのガッツポーズ!
「確かに陸也は飛ぶかもしれないが、自分のほうがボールを曲げない自信がある。だったら、堂々とドライバー勝負に徹すればいいと考えていました」
実際、ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率を合わせたトータルドライビングでは昨年が3位、今年は7位につけているショット巧者。本戦の18番では、ティショットをグリーン手前の花道に運び、そこからピン手前に寄せてバーディを奪って星野に追いついていた。その自信があったからこそ、負けるつもりはなかったのだ。そのことばどおり、がっぷり四つの戦いが4ホール続く。最終的に星野がバーディパットを外した後、大槻がバーディを奪い、プロ10年目にして念願のツアー初優勝を飾った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年5月26日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「香妻琴乃」のニュース

次に読みたい関連記事「香妻琴乃」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら