前代未聞の途中棄権から2か月、三塚優子がツアー復帰

前代未聞の途中棄権から2か月、三塚優子がツアー復帰
<スタンレーレディスゴルフトーナメント 事前情報>◇13日◇東名カントリークラブ(6,542ヤード、パー72)
 静岡県にある東名カントリークラブを舞台に16日(金)から18日(日)までの3日間開催される、国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」。私的理由による途中棄権から2か月間ツアー出場を自粛していた三塚優子が今大会からトーナメントに復帰する。
サロンパスカップでの謝罪会見の様子
 三塚は5月に開催された国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の初日に、自身のプレーがスロープレーと判断され2打罰を受けたことに納得せず“私的理由”という前代未聞の理由で途中棄権した。この行動に対し協会は罰金200万円と2年間の新人研修受講というペナルティを課し、反省した三塚も自主的にツアーを欠場していた。
 自らに課した2か月間の欠場の間は表舞台に一切出ずコースを借りてゴルフ合宿を敢行。加えて児童養護施設に足を運んだり、神奈川県にあるお寺に出向き座禅を組むなど精神修行にも取り組んだ。
 ツアーに帰ってきた三塚は「以前は自分中心に物事がまわっていると思っていた。でも、この2か月は周りの人のサポートがあって今の私がいると思う。人生の中でプラスになった期間だったと思います。心の成長がありました」と濃密な自粛期間での確かな成長を実感している様子。「プレースタイルはまったく変わってないと思うけど、見に来てくれる人のために最高のパフォーマンスをしようという気持ちが強くなりました」と最高のゴルフを見せることを約束した。
 問題となったスロープレーについても「グリーン上のルーティンを省いたので1打20秒は短縮したと思います」と改善をアピール。後は持ち前の豪快なプレーでファンを沸かせるだけだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
メジャーで躍進したさくらは15位!藍の2位は変わらず
最強女王が定位置に帰還!不動裕理が賞金ランキング首位に浮上
不動裕理が最終18番で決着をつけ今季2勝目
三塚優子のプロフィール
人気プロの秘蔵写真満載!女子プロ写真館
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年7月13日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。