78年全英オープン、中嶋常幸のキャディを務めた少年が当時を回顧

1978年、セントアンドリュースで開催された「全英オープン」の第3ラウンド。「ロードホール」と呼ばれる17番までトップタイで来ていた中嶋常幸は、グリーン手前のバンカーから脱出に4打を要しパー4で9打を叩いて優勝戦線から脱落した。中嶋が4打を打ったロードバンカーはその後“トミーズバンカー(the Sand of Nakajima)”の名前でも呼ばれることとなる。
当時、中嶋のキャディを務めたのはニール・ボーリンガルという15歳の少年だった。現在47歳となったボーリンガル氏はセントアンドリュース、フェアモントでコース管理人を務めている。同氏が激闘の78年大会を振り返った。
夏休みのアルバイトに全英オープンへの出場権をかけた予選のキャディを選んだボーリンガル少年は、友達とのコイントスで中嶋のキャディを務めることになった。当時は「この小さな東洋人ならとても望みはない」となかば本戦出場をあきらめかけていたそうだ。しかし、少年の予想を裏切って小さな東洋人はプレーオフの末に全英オープンへの出場権をもぎとる。本戦に進んだ中嶋は初日70、2日目71と好スコアで回る快進撃。そして、トップタイで3日目の17番に足を踏み入れる。
17番、中嶋のセカンドショットは左に切ってあるピンに対しグリーン右手前にオンした。そして迎えたバーディパット。ボーリンガル氏は振り返る。「中嶋は素晴らしいパットをした(と思った)。ボールはカップに向かって真っすぐ転がっていったと思ったが、最後の瞬間ボールはグリーンのスロープに掴まりバンカーに落ちていった」がっくりとうなだれた中嶋は、バンカーからまさかの4打を叩き優勝戦線から脱落。言葉も通じず経験もない少年キャディはそれを見守っているしかなかった。中嶋は最終的に17位でフィニッシュし、ボーリンガル少年は150ポンドという夏休みのアルバイトとしては十分すぎるお金を手にした。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全英オープン」に関する記事

「全英オープン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「全英オープン」の記事

次に読みたい「全英オープン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年7月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。