ドライバー変更、飛距離の差を埋めるアイアン、L字パター… 8016ヤード攻略のため池田勇太が選んだ武器【勝者のギア】

ドライバー変更、飛距離の差を埋めるアイアン、L字パター… 8016ヤード攻略のため池田勇太が選んだ武器【勝者のギア】
<~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC 最終日◇2日◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016ヤード・パー72>

国内男子ツアー「ミズノオープン」は、池田勇太の通算21勝目で幕を閉じた。池田本人が「いい戦いだった」とうなずいた試合は、最終盤にチャン・キム(米国)に1打差まで迫られながら逃げ切っての勝利だった。

まさに“日本のDJ”!池田勇太のヒミツは下半身にあり【スイング連続写真】
これで青木功片山晋呉に並ぶ史上2位タイの11年連続優勝となり、上にいるのは15年連続の尾崎将司だけ。「ジャンボさんの記録を目指さないといけない」と、憧れ続ける人物に肩を並べるためにも、再び勝利を積み重ねていく。

クラブ契約フリーの池田は、今週になり開幕時から使用してきたキャロウェイの『エピックフラッシュ サブゼロ』ドライバーを抜いて、スリクソンの『Z785』をバッグインした。これについては「コースを意識してということではないが、2本使えるようにはしている。今週はこれを使った」と話す。実はこの『Z785』は、昨年の「カシオワールドオープン」でも使用しており、元々「弾きがいい」と感じていたモデル。ぶっつけではなく、試合でも確かめしっかりと調整していた判断した上での投入だった。

ザ・ロイヤル ゴルフクラブに変わった昨年以降の大会レコードとなる「66」をマークし、単独トップに躍り出た3日目には、ドライビングディスタンスで11位(310.50ヤード)、フェアウェイキープ率で12位(57.14%)を記録。この日は、4日間で唯一最長の8016ヤードに設定された日だったが、「8000ヤードを超えているようには感じなかったし、(距離の面で)難しいとは思わなかった」と涼しい顔を浮かべた。試合運びを楽なものにした要因として、ティショットがもたらした好影響を無視することはできない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月3日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュース

次に読みたい関連記事「上田桃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュース

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。