『飛ばし屋有利』と言われていたけど…実際はどうだった?“モンスターコース”に隠された繊細な一面【記者の目】

『飛ばし屋有利』と言われていたけど…実際はどうだった?“モンスターコース”に隠された繊細な一面【記者の目】
「~全英への道~ ミズノオープン」は、コースのヤーデージが最長8016ヤードとあって、戦前から『飛ばし屋有利』という言葉を耳にする機会が多かった。実際に会場でも、飛距離の出る選手は格好の取材対象だっのだが、実際に4日間の大会を終えてその“前評判”通りになったのだろうか?最終順位と、同大会4日間の飛距離の関係を見てみると…
ツアー屈指の飛ばし屋・星野陸也 飛距離の秘密はウッズばりの“沈み込み”?【連続写真】

優勝(-7):池田勇太=平均飛距離 305.75ヤード(17位)
2位(-6):チャン・キム=平均飛距離 326.13ヤード(2位)
3位(-4):パク・サンヒョン=平均飛距離 290.25ヤード(53位)
3位(-4):ガン・チャルングン=平均飛距離 304.50ヤード(18位)

ここで全英出場を決めた、上位4人の大会期間のドライビングディスタンスは以上の通り。かなりのバラつきが見てとれる。では逆に飛距離上位者の最終順位を見てみると、どうだろうか(2位のキムは上記してあるため割愛)。

1位(332.63ヤード):幡地隆寛=最終順位52位タイ(+10)
3位(321.25ヤード):星野陸也=最終順位24位タイ(+4)
4位(320.00ヤード):リチャード・ジョン=最終順位41位タイ(+7)
5位(318.75ヤード):アンソニー・クウェイル=最終順位24位タイ(+4) 

これは4日間を終えた時のスタッツで、予選落ちした亀代順哉(329.50ヤード)、ザック・マリー(324.25ヤード)も2日目終了時点で飛距離のトップ5入りを果たしていた。また最後まで全英行きを争いながらも5位タイで大会を終えたキム・キョンテ(韓国)が、決勝進出者のなかではドライビングディスタンス最下位の268.75ヤード(2日目終了時点で136位)というのも目に入ってくる。これらを見ると、飛距離はやはり“オプション”という面が強い気がする。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月4日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュース

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。