女王候補の復活 最強のショットメーカーが手にした迷いを消すパター【辻にぃ見聞】

女王候補の復活 最強のショットメーカーが手にした迷いを消すパター【辻にぃ見聞】
「ヨネックスレディス」で国内女子ツアーは14試合が終了。上田桃子が今季3人目となる複数回優勝を果たした。今季2勝を挙げている申ジエ(韓国)、上田、勝みなみの3人に次ぐ賞金を獲得しているのがイ・ミニョン(韓国)。上田を指導するプロコーチの辻村明志氏が注目したのは、現在ボールストライキング(トータルドライビング順位とパーオン率順位を合算した値)1位のミニョンのショット力ではなく、パッティングだった。
イ・ミニョンの切れ味抜群アイアンショット【連続写真】
■女王候補と呼ばれながら苦しんだ 原因はショットメーカーがみな悩むグリーン上
17年の日本ツアー参戦初年度から難コース・葛城ゴルフ倶楽部で優勝するなど2勝を挙げていきなり賞金ランクで2位。18年には賞金女王候補の筆頭にあげられたが、開幕戦のみの勝利に終わった。
それでもボールストライキングは1位。原因はグリーン上にあった。パーオンホールの平均パット数は41位。1ラウンド当たりに至っては71位まで順位を落とす。自分もスコアが伸び悩む原因は分かっているからこそ、それがどんどんプレッシャーになっていく。「パターがダメならショットでつけなければ…」とショットへの重圧も加速する負のスパイラル。さらには長時間のパッティング練習がたかって腰を痛めた時期もあった。
■変えたことは1つだけ パターをピンタイプからマレットへ
そんなパッティングは今年大きく飛躍。1ラウンド当たりは52位だが、パーオンホールの平均パット数は7位まで上昇。パット巧者と言える1.7台まで数字を上げてきた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月11日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。