昨年はプレーオフのすえに惜敗 有村智恵「ターニングポイントになった試合」

昨年はプレーオフのすえに惜敗 有村智恵「ターニングポイントになった試合」
宮里藍 サントリーレディス 事前情報◇12日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>
昨年大会で成田美寿々との4ホールにわたるプレーオフのすえ、惜しくも2位に終わった有村智恵。そのラウンド後には「優勝が近づいてきた気がする」という言葉も口にし、約1カ月後に行われた「サマンサタバサレディース」での6年ぶりVにつながったのがこの試合だ。復活への“きっかけ”にもなった大会を前に、今の心境を聞いた。
河本結の前蹴り!【写真】
開幕前日にはアマプロに出場し、18ホールを最終チェックした有村。その感触について聞くと、「このコースのいろいろな表情を知っている」とこれまでの経験も踏まえたうえで、「スコアがでやすいセッティングというか、フェアだなと思う。グリーンの状態もいいショットすれば止まるし、ミスしたら走っちゃう。いい結果を出せる人と調子が悪い人の差は出ると思う。すごくフェア」と感想を話した。
「振り返ると勝てるゴルフではなかったという点と、そのおかげで成長できたなという点があったから、いいターニングポイントになった試合」。1年前を今こう振り返る。当時は、2012年の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を最後に長く優勝から遠ざかる状態。米ツアーから16年に復帰したものの、思うような成績も残せず、QTでツアー出場を果たしていた。それもあってか、その時は「充実感のほうが多かった」というが、今年会場に戻ると「悔しい」という気持ちが大きくなったという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月13日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュース

次に読みたい関連記事「池田勇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュース

次に読みたい関連記事「谷原秀人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。