“攻撃的ゴルフ”を支える豊富な球種 「戦う雰囲気」を身にまとう20歳【辻にぃ見聞】

「残りの距離を、ドローとフェードを使い分けることで調整するなど、技術の高さは際立っていますね」と辻村氏。番手だけではジャストにはまらない距離を ドローを使うことでボールを走らせたり、逆にフェードで距離を殺したりと、中途半端な距離を上手く攻めていく。
バーディ数が「164」、イーグル数が「5」、60台のラウンド数が「17」と攻撃力を示すスタッツはいずれも1位だが、この成績はこういった高い技術に裏打ちされている。河本は、球種を打ち分ける理由について「今ではなく、将来を考えて、多少怖くても挑戦していこうと思っています」と説明。常々、将来の米国ツアー参戦という目標を口にする20歳は、試合のなかでも自らを高めるため課題を課していることがうかがえる。
■ヘッドスピードが格段にアップ
またこんな部分でも、辻村氏は河本の大きな成長を感じている。それがヘッドスピードだ。「高校生の頃に見た時に比べ、ヘッドスピードが格段にあがっていますね。体の回転スピードが速い。ともすると、ボディターンのキレは、振り遅れの原因にもなりますが、河本さんは体とクラブポジションのバランスがよく、しっかりと連動していますね」。
河本のコーチを務める目澤秀憲氏は、「現在のヘッドスピードは、平均で約43m/s。ここ1年で2~3 m/s上がっています」とその成長ぶりを話した。またオフには飛距離アップを目指し、徹底したトレーニングを敢行。ドライビングディスタンスで、現在245.57ヤードで12位につけている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月18日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら