最強ショットメーカーは“食わず嫌い”をやめて大きく飛躍【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

最強ショットメーカーは“食わず嫌い”をやめて大きく飛躍【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】
アマチュアゴルファーは女子プロのスイングを参考にした方が良いと言われている。なぜなら女子プロの平均的なヘッドスピードは、一般的な男子アマの平均値と同じ40m/s程度だからだ。
なぜロングアイアンも打てる?イ・ミニョンの切れ味抜群アイアンショット【連続写真】
だが、本当に参考できるのはスイングだけだろうか。女子プロたちも我々アマチュアと同じように「球が上がらない」、「スピンがかかりすぎてしまう」といった多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのは、スイングだけでなく14本のクラブたちなのである。
そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしている、ちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしてきたい。今回は今季年間トップ10回数1位タイ、賞金ランク5位につけるイ・ミニョン(韓国)のパター。
「パターが入れば賞金女王も獲れる」
それが、日本参戦初年度となる17年に2勝を挙げて賞金ランク2位に入った、ミニョンへの18年開幕前の評価だった。森口祐子ら名だたるレジェンドが、3番アイアンまで使いこなすショットメーカーを女王候補に挙げた。
だが、蓋を開けてみると開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で勝ったものの、優勝はその1試合のみ。賞金ランクは18位と前評判からすると寂しい数字に終わった。
冒頭の言葉がミニョンを苦しめた。ショット力を表す数値ボールストライキングは2年連続で1位を獲得したが、平均パット数(パーオンホール)は41位。関係者が「3mが本当に入らない」と漏らすほどグリーン上で大苦戦。あげくにはパター練習のしすぎによる腰痛にも悩まされた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月19日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。