藤田光里が“光”を取り戻す 「大好きな静岡」でステップ初V

藤田光里が“光”を取り戻す 「大好きな静岡」でステップ初V
<ユピテル・静岡新聞SBSレディース 最終日◇23日◇静岡カントリー 浜岡コース(静岡県)◇6424ヤード・パー72>
「今年は自分に期待しないようにしている。楽しくゴルフができればそれでいい」
激闘制し… 藤田光里の笑顔がまぶしい【写真】
ステップ・アップ・ツアー今季第8戦「ユピテル・静岡新聞SBSレディース」最終日のスタート前にそう話していた藤田光里。この日、7バーディ・1ボギーの「66」をマークして首位との1打差を逆転し、ステップ初優勝を飾った。
壮絶なスコアの伸ばし合い。最終組がハーフターンを迎えた時点で、トータル11アンダーで藤田ら4人が並ぶ大接戦だった。変わらず首位タイで迎えた15番パー4は藤田にとって2日連続でボギーを叩いている苦手なホールだったが、ここをパーで乗り切り、直後の16番パー5。
「ティショットは、フェアウェイに置けたんですけど、ボールが落ちてできたくぼみみたいなところにボールが入ってしまった。チョロというかトップして転がっていって、すごく恥ずかしかった。顔には出さなかったですけど、あれで気持ちがすごくラクになりました」
アクシデントも前向きに捉え、このホールで約3mを沈めてバーディ奪取。単独トップに躍り出ると、上がり2ホールをパーでまとめて逃げ切った。
17年に賞金シード権を喪失。昨年はゴルフ人生の“どん底”も味わった。「去年の1月に左肘の手術をして、もうゴルフはできないと思った時期もあった。去年はLPGAツアーに出たかったから、手術明けに急いでリハビリに取り組んだ。まだ肘もちゃんと伸びない時期から、ゴルフもした。とにかく苦しかった」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月24日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「松山英樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュース

次に読みたい関連記事「菊地絵理香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュース

次に読みたい関連記事「イ・ボミ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。