11年ぶりVのリービーが22ランクアップ 松山英樹は31位にダウン【男子世界ランキング】

11年ぶりVのリービーが22ランクアップ 松山英樹は31位にダウン【男子世界ランキング】
6月23日付けの男子世界ランキングが発表された。先週の米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」で、2008年の「RBCカナディアンオープン」以来となる米ツアー通算2勝目を挙げたチェズ・リービー(米国)が、48位から26位にランクを上げた。
POで敗れて黄金世代が無念の表情…【写真】
上位陣は1位のブルックス・ケプカ、2位のダスティン・ジョンソン(ともに米国)は変わらず。ローリー・マキロイ(北アイルランド)が1ランクアップの3位となり、ジャスティン・ローズ(イングランド)が4位と入れ替わった。5位のタイガー・ウッズ(米国)は変わらず。
日本勢では先週出場のなかった松山英樹が、28位から31位に順位を落とした。以下、72位をキープした今平周吾、6ランクダウンで94位になった小平智の3人がトップ100というのは変わりなかった。また日本ツアーメンバーで、先週、韓国のナショナルオープン「コロン韓国オープン」を制したジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が62位から52位にランクを上げた。
【男子世界ランキング】
1位:ブルックス・ケプカ(11.66pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(10.30pt)
3位:ローリー・マキロイ(8.69pt)
4位:ジャスティン・ローズ(8.54pt)
5位:タイガー・ウッズ (7.40pt)
6位:フランチェスコ・モリナリ(6.64pt)
7位:ジャスティン・トーマス(6.54pt)
8位:ブライソン・デシャンボー(6.42pt)
9位:パトリック・キャントレー(6.33pt)
10位:ザンダー・シャウフェレ(6.31pt)
26位:チェズ・リービー(3.62pt)
31位:松山英樹(3.29pt)
52位:ジャズ・ジェーンワタナノンド(2.30pt)
72位:今平周吾(1.90pt)
94位:小平智(1.47pt)

■トラベラーズ選手権 最終成績
■PGAツアーの飛ばし屋は?米国男子スタッツ一覧
■畑岡奈紗が猛チャージ 米国女子メジャー 最終成績
■PO決着!ニチレイレディス 最終成績
■藤田光里が“復活V”ステップ・アップ・ツアー最終成績

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年6月24日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュース

次に読みたい関連記事「片山晋呉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。